外壁塗装に最適な時期とはいつか

住宅の外壁は定期的にメンテナンスを行う必要があります。多くのハウスメーカーや外壁塗装業者が推奨している年数の目安は、10年から15年に一度というケースが多くみられます。
外壁は住宅を風雨からしっかりと守るという役割を果たしているのですが、同時に過酷な環境に常にさらされている状態でもありますので、どうしても劣化や汚れは避けられません。そこでしっかりと外壁塗装を行って、住宅の美観と外壁そのものの性能を維持するという作業が必須なのです。先述した通りメンテナンスの時期は新築後10年から15年が目安となります。もちろん塗装の痛みが目立ってきた場合や汚れが気になった場合などはそれよりも早く実施することについては何の問題もありません。むしろ施工が早ければ早いほど劣化を抑えることができ、住宅の資産価値を保護するという観点では、新築後10年未満での施工を推奨します。
工事については足場を組んだり窓ガラスなどを養生したりといった比較的大掛かりな作業が行われ、塗装工事そのものにも下塗りであったり乾燥期間が必要であったりしますので、10日前後の工事期間を想定しておけばよいでしょう。施工中の気象条件や、施工面積によっては前後する可能性もあります。
なお、外壁塗装の間は窓をあけることができなくなるなど、生活面である程度の制約が発生しますので、真夏の暑い時期などは避け、比較的涼しい秋や春先などに実施するとよいでしょう。詳しくは施工業者と相談の上決定することをおすすめします。

初めての外壁塗装講座|コスパ最強!相場から読む1番おすすめの方法とは?はこちら
消費者金融で簡単に300万円借りるコツ。 © 2019 Frontier Theme